日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 倫理委員会規程

倫理委員会規程

(目的)
第 1 条 日本衛生学会(以下「学会」という)は、学会会員(以下「会員」という)が研究を行うにあたって必要とされる倫理的問題について審議し、学会としての見解を示し、もって学会、並びに衛生学の健全な発展に貢献することを目的として、倫理委員会(以下「委員会」という)を置く。
(審議事項)
第 2 条 委員会は、理事長から諮問のあった次の事項について審議し、答申する。

1) 会員からの研究上の倫理的問題について審議申請のあった事項

2)「日本衛生学雑誌」および「Environmental Health and Preventive Medicine」(以下「学会誌」という)に投稿しようとする会員からの倫理問題について質疑への助言

3) 学会誌への投稿原稿について、編集委員会より倫理的観点からの意見を求められた事項

4)倫理問題に関して、他学会等との協議など対外的に学会としての対応が必要な事項

5)その他、必要と認められた事項

(組織)
第 3 条 委員会に委員長、副委員長を置く。委員長は理事長が理事の中から任命し、会務を総括する。副委員長は委員長が委員の中から指名し、副委員長は委員長の会務を補佐する。

2.委員会は、衛生学の他、生命倫理、法律に造詣の深い評議会員から構成され、男女両性を含み、5人以内とする。

3.委員は委員長が理事長と協議の上決定する。

4.任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。委員に欠員が生じたときは、補充することができる。この場合の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5.理事長は、必要に応じ、オブザーバーとして委員会に出席し、意見を述べることができる。

6.委員会は、必要に応じ、学会誌編集委員長、利益相反マネージメントに関する検討委員会委員長らに出席を求め、その意見を聞くことができる。

7.委員会は、必要に応じ、理事長の承認を得て、委員以外の専門家に臨時委員として参加を求め、その意見を聞くことができる。

(運営)
第 4 条 委員長は委員会を招集し、その議長となる。

2.委員長が欠席する場合は、副委員長が議長となる。

3.委員会は、委員の過半数が出席しなければ開催できない。

4.審議の結論は、原則として出席委員の合意とする。

5.審議経過、及び内容は記録として保存する。

審議手続)
第 5 条 第2条2)に基づき、委員会での審議を希望する会員は、倫理審議申請書(別紙様式)に必要事項を記入し、理事長に提出する。

2.理事長は、必要に応じて申請事項を委員会に諮問する。

3.委員長は、委員会を開催して諮問事項を審議し、審議の結果を理事長に答申する。

4.理事長は、答申を受けた内容を申請者に通知する。

(改正)
第 6 条 この規程の改正は、委員会の審議を経て、理事会の承認を得なければならない。

 

(附則)

1.任期満了に伴う理事長選挙で理事長に選出された者は、理事長就任後、可及的速やかに倫理委員会委員長を指名し、委員長は理事長と協議の上、委員を決定する。

2.本規程改正後の最初の委員の任期は平成323月の日本衛生学会代議員会以降で、次期倫理委員が決定されるまでとする。

3.この規程は、平成30129日から施行する。