日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
(2021年9月以降投稿分)
Editorial Office
e-mail : ehpm-editorial-office@kopas.co.jp

(2021年8月まで投稿分)
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 日本衛生学会 若手研究者の会 夏の集い2019

日本衛生学会 若手研究者の会 夏の集い2019

日本衛生学会 若手研究者 夏の集い2019のお知らせ
 
若手研究者の会では、日本衛生学会の、学生をはじめとした若手研究者による研究発表・交流企画「夏の集い2019」を開催します。

○目的
 学術総会だけでは交流する時間が十分ではないため、学術総会以外に、気楽に若手が集い、研究発表、意見・情報交換する場を作れないかと考え、今年度も若手による研究発表会「夏の集い2019」を開催します。
衛生学の基礎から最先端の研究に至るまで多様な領域の若手研究者の研究成果を共有するとともに、同世代と顔を合わす絶好の機会です。

○開催概要
日時 2019年9月14日(土)13:00〜17:30
場所 京都大学(医学部キャンパス、先端科学研究棟1階セミナー室)16番建物
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html

○プログラム
(11:00 世話人会)
13:00 開会挨拶
 代表世話人 鈴木 武博 国立環境研究所
 座長 人見 敏明 聖マリアンナ医科大学

13:05 研究発表 1

・岡村和幸 国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター 研究員
「妊娠期ヒ素曝露による孫世代肝腫瘍増加に関わるDNAメチル化変化の探索」

・森有利絵 三重大学大学院 医学系研究科 環境分子医学 大学院生
「アミロイドβ凝集阻害剤Morinにより誘導されるDNA損傷機構の解明」

・髙倉英樹 京都府立医科大学大学院 大学院生
「アスピリン、メサラジン併用による大腸がん予防効果の検討」

・Zhu Jing 京都大学医学研究科・四川大学公共衛生学院 大学院生
Investigating isomers/enantiomers of perfluorooctanoic acid in river water by gas chromatography–mass spectrometry with chiral derivatization

14:45 休憩

14:55 研究発表 2

・武田悠希 東邦大学医学部社会医学講座衛生学分野 大学院生
「川崎市リアルタイムサーベイランスを用いたインフルエンザ警報・注意報基準値の検討~感染症発生動向調査との比較」

・大和田賢 東海大学医学部衛生学公衆衛生学 助教
「がん微小環境的適応機序の解明」

・今井綾香 京都府立医科大学大学院 大学院生
「アスピリンによるがん予防機構の解明に向けた新規標的タンパク質の同定」

・大矢奈穂子 名古屋市立大学大学院医学研究科環境労働衛生学 大学院生(博士課程)
「有機リン系殺虫剤代謝物の網羅的分析法の開発」

16:35 交流会 1 min presentation
※ 1 minプレゼンとは自分の研究、趣味や関心事を1min程度で簡単に紹介(宣伝)することです。
※ 交流会参加者はPDF(PDF変換できなければPowerPoint) 1ページ(横長)で紹介スライドを持参お願いします。

17:30 閉会挨拶

(懇親会会場へ移動)

18:00 懇親会

○費用 
研究発表・交流会:無料(日本衛生学会から活動助成をいただいています)
懇親会:4000円程度を予定

○申込み期日
参加申し込み 2019年8月末
研究発表(口頭)を希望する方は、プログラムの作成上2019年7月31日。多数の発表申込をいただいた場合、学生・大学院生の方の発表を優先させていただきます。

●研究発表
 若手研究者自身の研究紹介だけでなく、研究者のバックグラウンドから発展までを含めたアピールの場にすることを目指します。必ずしも成果が整ったものである必要はなく、一連の研究をまとめた発表も含めます。
 従来であれば、異なるセッションで発表していた研究者が合同で発表し、積極的な質疑応答を行うことで、学際的交流も促進されます。セッションの座長も若手研究者で行います。異なる分野の研究者同士のディスカッションを通じて、研究の方向性に新たな視点を加えてみませんか。
 衛生学に関わる研究であれば、専門分野を問いません。疫学、実験、地域保健、国際保健など多岐にわたる分野からの発表をお待ちしております。

○発表時間 15分(申込数に応じて数分の変更あり。)+質疑5分
○発表形式 PowerPointスライドを用いた口頭発表

●交流会
 参加者が研究に限らず、アイデア、思いを交える場にしたいと思います。年齢、研究の実績を問わず、学生から若手研究者まで広く参加していただきたいと思います。簡単な自己紹介(1スライド)を用意して頂く予定です。

●世話人会会合
 若手研究者の会の世話人会合です。
 世話人による企画打ち合わせ、活動方針を話し合います。
 世話人以外にも若手の会の活動に興味のある方は参加ください。

●懇親会
 夏の集い終了後は若手研究者懇親会を会場周辺で開催する予定です。

【問い合わせ先】
若手研究者の会
jsh-yra@nacos.com