日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 活動 > > 奨励賞 > 奨励賞の選考規程

奨励賞の選考規程

1. 設立目的
日本衛生学会奨励賞は、不断に亘る真摯な研鑽により優れた研究業績をあげている本
学会会員を顕彰することにより、我が国の衛生学領域における学問水準の飛躍的向上を図るこ
とを目的とする。
2. 受賞候補者の資格:
日本衛生学会の会員歴が連続3年以上で、応募締切日に原則として45 歳未満であること。
3. 対象となる研究業績:
衛生学に関する独創的研究で、将来の発展を期待しうるもの。ただし、
研究の主要部分が日本国内で行われ、かつ日本国内の他学会で同様の賞を受けていないものに
限る。これらの研究業績は、Environmental Health and Preventive Medicine あるいは日本衛
生学雑誌に掲載されているか、日本衛生学会総会で発表し、国外の学術雑誌に掲載済みである
こと。
4. 推薦方法:
原則として評議員が推薦し、推薦できる人数は1年につき1名とするが、自薦も可。
推薦者は、受賞候補者に関する下記の書類を4部、日本衛生学会事務局に郵送で提出する(一部
は電子ファイルでも送付)。

  • 1) 推薦状
  • 2) 受賞候補者の氏名、所属、所属先住所、略歴、論文目録、日本衛生学会総会発表目録およ
    び他学会受賞歴。他学会受賞歴がない場合はその旨を記載すること。
  • 3) 業績の概要をA4版で2,000 字以内に纏め、内容を示す題目を付すこと。
  • 4) 受賞対象となる研究業績に係わる論文別刷5部(10編以内とし、論文目録に印を付すこと)。
    審査後に返送しない(コピーでの提出可)。
  • 5) 上記の2) と3) についてはMS wordにてA4版で作成し、合わせて1つの文書ファイルに
    まとめ、電子ファイルでも提出すること。
5. 授賞
  • 1) 選考委員会の推薦に基づいて、理事会が決定する。
  • 2) 受賞者数は原則として2名とする。
  • 3) 受賞者には賞状および副賞を贈呈する。
  • 4) 授賞は、日本衛生学会総会において行われる。受賞者は、受賞研究および関連領域を紹
    介する総説をEnvironmental Health and Preventive Medicine または日本衛生学雑誌に
    受賞後半年以内に投稿する義務を負う。投稿料の免除は行わない。
  • 6) 選考委員会は別に定める。
6. 提出期限及び提出先
別途定める期限までに日本衛生学会事務局に提出する。

付則

  • 本規定は2005年3月の幹事会にて承認された。
  • 本規定は2005年7月の理事会にて変更が承認された。
  • 本規定は2011年2月の理事会にて変更が承認された。
  • 本規定は2012年1月の理事会にて変更が承認された。