日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 組織 > 若手研究者の会

若手研究者の会

第90回学術総会での企画について

衛生学会若手研究者の会では、若手自由集会として、シンポジウム及び交流会・若手研究者の会定期会合を開催します。

申し込み・企画の詳細については
以下のGoogleフォームをご覧ください。
https://forms.gle/BcLyR7n9L3jsWYKV6

またはe-mailで若手研究者の会(jsh-yra@nacos.com)宛に送信してください。
締切: 2020年3月12日

2020年3月26日 (木) 14:00~16:00
会場:第3会場(8階 804会議室)

【若手自由集会企画シンポジウム】
「やってみよう!〇〇解析!~分析・実験から疫学まで~」
座長:小林 果(三重大学)
   道川 武紘(東邦大学)

<演者及び演題>
①大矢 奈穂子 先生(名古屋市立大学)
使用済みオムツから回収した尿を用いた殺虫剤曝露評価
Exposure assessment of pesticides in young children using disposable diapers
②鈴木 武博 先生(国立環境研究所)
原子間力顕微鏡を用いた生体分子間相互作用の直接測定
Direct Measurement of Interaction Forces between Biological Molecules Using Atomic Force Microscopy
③Tin Tin Win Shwe 先生(国立環境研究所)
粒子状物質への個人曝露評価のためのPocket PM2.5センサー[Pro]の開発
Development of Pocket PM2.5 Sensor [Pro] for personal exposure assessment to particulate matters
④野村 與珠亜一国 先生(高知大学)
AIを使ってみよう
Let’s use AI
⑤原田 浩二 先生(京都大学)
ガスクロマトグラフィーだけでどこまでできるか NCI分析による簡便、高感度化を例に
Analysis by gas-chromatography: examples of NCI analyses
⑥原田 成 先生(慶應義塾大学)
地域住民コホートにおけるメタボローム解析を用いた喫煙バイオマーカー探索:新型たばこの健康障害評価に向けて
Metabolomics biomarker for new tobacco products : A population based cohort study
⑦平山 正昭 先生(名古屋大学)
腸内細菌叢の解析法
How to measure the intestinal microbiota

 

【若手自由集会】 第3会場(8階 804会議室) 16:00~18:00
若手研究者交流会・若手研究者の会定期会合
座長:鈴木武博(国立環境研究所)

 

【懇親会】 会場未定 18:30~

 

[過去の学術総会企画]
2019年2月1日-3日(第89回学術総会/名古屋)

 

夏期企画「若手研究者 夏の集い2019」について

終了しました

日時 2019年9月14日(土)13:00〜17:30
場所 京都大学(医学部キャンパス、先端科学研究棟1階セミナー室)16番建物

○プログラム
9月14日(土)
(11:00 世話人会)
13:00 開会挨拶
13:05 研究発表+交流会
18:00 懇親会

○費用 
研究発表・交流会:無料
懇親会:4000円程度を予定

申し込みについては
以下のGoogleフォームをご覧ください。
https://forms.gle/BkeDsDRfQzUMjNKf9

 ○申込み期日
参加申し込み 2019年8月末
研究発表(口頭)を希望する方は、プログラムの作成上2019年7月31日。多数の発表申込をいただいた場合、学生・大学院生の方の発表を優先させていただきます。

 

[過去の夏期企画]

2018年9月8日-9日(国民宿舎 桂浜荘/高知市)

若手研究者の会の設立について

第79回学術総会(平成21年)で、若手の有志により、自由集会を行ったことに始まりました。この自由集会で若手研究者の現状認識などについて意見交換を行ったところ、他大学、他領域の若手研究者、学生との交流が少ないことが問題の一つとして挙げられました。交流の促進とともに自由闊達な発言を促すことを目的に若手が集い、それぞれの研究について十分な時間を持って討論する場を用意することを提案しようと考えました。そして、有志の会では自由集会、若手研究者ポスターセッション、若手が企画するシンポジウムを行ってきました。その活動成果を承けて、平成27(2015)年3月の会務総会で若手研究者の会として正式に設置されました。日本衛生学会に所属する若手研究者の交流を推進することで、衛生学分野の研究を活発なものにしていくことを目的としています。

 

日本衛生学会・若手研究者の会は『世代の繋がりを作る場所』として企画運営しております。そのためには、20代30代の学生・大学院生・若手研究者のみではなく、幅広い世代の先生方に定期会合、懇親会などの若手企画全般にご参加いただきたいと考えております。 多くの先生方に、若手との意見交換や若手へのアドバイスをして頂くことにより、今後の衛生学会の発展に繋がっていくと期待しております。

 

若手研究者の会・定期会合について

学術総会に合わせて、開催しています。交流企画、次年度活動内容の審議を行います。
定期会合終了後、若手研究者懇親会も実施します。

前回は平成31(2019)年2月1日(金)17時より開催しました。

 

若手研究者の会への参加について

日本衛生学会の会員であり、会の目的に賛同する方の参加を随時募集しています。

若手研究者の会への登録には、氏名、所属(職位)、電子メールアドレス、日本衛生学会会員番号を下記連絡先にご連絡ください。

会員登録は、Google formからも行えます。

 

若手研究者の会の世話人について

 若手研究者の会の世話人(規約により若干名、任期は次年度の定期会合まで)が置かれています。

現在の世話人は以下のとおりとなっております。

鈴木 武博 国立環境研究所
栄徳 勝光 高知大学
木戸 尊將 東京慈恵会医科大学
小林 果 三重大学
崔 正国 富山大学
辻 真弓 産業医科大学
原田 浩二 京都大学
人見 敏明 聖マリアンナ医科大学
堀中 真野 京都府立医科大学
道川 武紘 東邦大学
箕浦 明 昭和大学
宮崎 航 弘前大学
盧  渓 熊本大学

世話人の互選により、代表世話人は鈴木武博が選出されました。

 
【問い合わせ先】

若手研究者の会事務局

E-mail: jsh-yra@nacos.com
会員登録はGoogle formからも行えます。