日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

学会運営・対外業務・理事会関連業務等【事務局】
〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科
環境衛生学分野
TEL : 075-753-4456
FAX : 075-753-4458
e-mail : eisei_office@nacos.com
登録・会費・雑誌発送・会計に関するお問い合わせ【事務支局】
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
学会フォーラム内
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512 日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
BioMed Centralカスタマーサービス
(日本語対応可能)
TEL : 03-4533-8238
e-mail : japan@biomedcentral.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 

[重要]日本衛生学会会員の皆様へ

2014年3月5日

独立行政法人日本学術振興会; 科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」 等への意見募集について、日本衛生学会からのお願い

日本衛生学会理事長 遠山千春

趣旨:
 標記のお知らせが日本学術振興会のウェッブサイト
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html
 に掲載され、科研費「細目表」及び「時限付き分科細目表」への意見表明が随時可能となりました。このような措置を日本学術振興会が取った背景には、下記の経緯に記すように、昨年来の日本衛生学会を中心とした関連学会からの問題提起に対して日本学術振興会が誠実に対応していることの現れと考えております。
会員の先生方は、「系・分野・分科・細目表」等に関するご意見を日本学術振興会に送付されるだけではなく、日本衛生学会事務局宛にもお知らせください。
学会として、会員のご意見を取り入れて、衛生学及び関連諸科学の発展のために、近日中に日本学術振興会に申し入れを行う所存です。

 

経緯と状況:
標記のお知らせが日本学術振興会のウェッブサイトに掲載されています。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

この科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」等への意見募集が出た背景には、昨年における日本衛生学会を中心とした問題提起があります。すなわち、科学研究費助成において、H24年度までの細目は、「衛生学」と「公衆衛生学・健康科学」に分かれていましたが、H25年度募集からは、細目が「衛生学・公衆衛生学」と「疫学・予防医学」に分けられました。実験系研究者が応募するためのキーワードもほとんど無くなりました。日本衛生学会では、2012年10月以降、科研費細目問題に関する取り組みをスタートし、2013年6月からは、科研費細目問題臨時委員会(委員長:酒井敏行教授;副理事長)を立ち上げてこの問題に取り組んできました。具体的には、日本学術振興会学術システム研究センターや同センターの主任研究者や専門調査員の方々にも相談し、また関連学会の理事長等とも話し合いをしてきました。2013年5月にH25年度の採択結果
http://www.nihon-eisei.org/wp-content/uploads/2013/09/jsps_saimoku.pdf
が発表されましたが、その結果が如実に示すように、H24年までの採択結果と比べると、細目変更とキーワードの大幅な改変が、大きく影響を及ぼしていることが判明しました。この結果にもとづき、日本学術振興会にも申し入れを行いました。結果として、2013年10月のH26年度科研費募集に際しては、細目名の変更はなかったものの、それぞれを二つに分割するという一定の措置をしていただきました。その結果、細目の「衛生学・公衆衛生学」の分割1にいくつかの実験系研究者も応募できるキーワードが入れられましたが、まだまだ不完全な状態で、根本的解決には至っておりません。しかも、この分割が適応されるのは、基盤Cのみであり、他には適応されないという問題もあります。さらには、細目の「疫学・予防医学」が二つに分割されましたが、疫学の先生方が見られても、二つに分割している理由がわからないという状況にあります。このように問題が解決されていない背景には、キーワードの変更は可能であっても、細目名は軽々には変更しないという日本学術振興会再度の判断があったようです。しかしながら、生じた問題の大きさから、キーワードだけでなく、細目名も不都合であれば変更可能になったと聞いております。
今回の日本学術振興会による「系・分野・分科・細目表」等への意見の随時受け付けは、科研費の細目やキーワードに関する情報を幅広く募集することで、学術システム研究センターの専門分野が限られた人材だけで情報収集をするのではなく、また、これまでのように5年ごとに見直すということではなく、幅広く情報収集を行い、必要に応じて随時見直しをするということで一定の前進と捉えることができます。しかしながら、会員各位が自らの問題として積極的に意見を出していただくことが、科研費の正常な運営のために不可欠です。会員各位におかれては、積極的に意見を送付していただくこと、そしてそれを会員とも共有するために学会事務局宛にもお送りいただくよう、お願いするものです。
 なお、随時意見を受け付けていただけるとのことですが、平成27年度採択分からの変更に間に合わせるには、早急に意見を出す必要があります。従いまして、2014年3月17日(月)までに、細目名とキーワード名の候補を、学会事務局<eisei_office@nacos.com>まで送付していただけたら幸甚に存じます。
 御多忙中、急な話で恐縮に存じますが、何とぞよろしくお願い致します。

 

<参考資料>
科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」等への意見募集について
———————————————————————–■
◆独立行政法人日本学術振興会では、科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」(以下「細目表」という。)の別表「時限付き分科細目表」
の改正案の作成にあたり、毎年期間を限ってホームページにより意見を受け付けておりましたが、今後は、「細目表」及び「時限付き分科細目表」への意見を常時受け付けることといたしました。
 提出方法等の詳細につきましては、下記ホームページをご参照下さい。
 また、それに伴い毎年行っておりました「時限付き分科細目表」への意見募集のお知らせを終了させていただきます。

独立行政法人日本学術振興会ホームページ
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/index.html

【問い合わせ先】
  独立行政法人日本学術振興会研究事業部研究助成第一課企画調査係
    (Tel:03-3263-4702、4796)細: 日本学術会議