日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

学会運営・対外業務・理事会関連業務等【事務局】
〒606-8501
京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科
環境衛生学分野
TEL : 075-753-4456
FAX : 075-753-4458
e-mail : eisei_office@nacos.com
登録・会費・雑誌発送・会計に関するお問い合わせ【事務支局】
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
学会フォーラム内
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512 日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
BioMed Centralカスタマーサービス
(日本語対応可能)
TEL : 03-6831-7532
e-mail : japan@biomedcentral.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com

日本衛生学会利益相反マネジメント細則(案)に関するパブコメについて(回答)

2014年11月20日

日本衛生学会  理事長 遠山 千春

利益相反マネジメントに関する検討委員会委員長 武林 亨

 

 日本衛生学会利益相反マネジメント細則(案)に関するパブリックコメント(2014年9月24日依頼)に対して、下記のパブコメをいただきました。利益相反マネジメントに関する検討委員会にて検討の結果、細則案を修正し、理事会にて成案を決定いたしましたのでご報告申し上げます。

「会則・各種規定」のページに掲載いたしました。

 以下に、パブコメを記します。なお、ご氏名は匿名とさせていただきます。ご了解をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

<意見>

 細則案は良く練られたものになっているように思いますが、一点、 研究者が企業に所属する(雇用されている)場合の扱いが書き込まれていないように感じました。

 たとえば、ある企業の研究開発職に所属する者がある大学の客員研究員等の身分を得て、その大学の所属名を用いてその企業の活動に関係ある 内容の研究発表をする場合を想定します。この時、この者が企業の役員 や顧問に該当せず、かつ、日当ではなく年俸で給与を得ている場合、 細則案には該当せず申告の必要がない、ということになろうかと思います。すなわち、先だって報道された、ノバルティス社のディオバン問題 のような事例において、利益相反関係が適切に開示されるか、曖昧ではないでしょうか。

 上記のような事例に関して、勤務先の所属の明示が何らかの事情により難しい場合においても、そのような企業と雇用関係にあること自体は 開示されるようなルールが望ましいと考えます。ご検討をいただければ 幸いです。