日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
BioMed Centralカスタマーサービス
(日本語対応可能)
TEL : 03-4533-8238
e-mail : japan@biomedcentral.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 

日本衛生学会 会員各位

2016年6月13日
副理事長,社会医学系専門医制度担当理事 川崎医科大学 衛生学 大槻剛巳

 

 平素は日本衛生学会の活動にご協力,ご尽力,まことにありがとうございます。

※社会医学系専門医の2017年度からの実施について,先般の第86回日本衛生学会学術総会@旭川でもシンポジウムを組ませていただきました。また社会医学系専門医協議会が去る6月6日に開催されました。

 臨床系の日本専門医機構では『日本専門医機構は6月9日,2017年度からの新専門医制度は,同機構認定ではなく,学会認定で行う方針を固めた。』との報道もあり混迷している様ですが,社会医学系専門医については,粛々と準備を進めて行くことになっております。

 

なお,社会医学系専門医については,協議会のWEBが開かれております。是非,アクセスしていただいて,新着情報などご確認ください。

1)6月6日の協議会で日本集団災害医学会の加盟が正式に決定しました。
2)【「専門研修プログラム整備基準」,「専攻医研修マニュアル」,「モデルプログラム」,「基本プログラム」の案を作成し本年3月末に公表しました。広く意見を募り反映させてより良いものとするべく,パブリックコメントを,2016年3月30日から2016年5月6日まで募集しましたところ,多くの建設的で貴重なご意見をいただくことができました。誠に有り難うございました。これらのご意見に基づき改善・改訂しました整備基準等を本ページに掲載します。同様の改訂内容に基づき作成された「指導医マニュアル」を追加いたします。また,パブリックコメントにおけます個々のご意見への回答と,これまでの様々なご質問事項への回答(よくある質問と回答)も掲載しております。】ということでWEBでご確認ください。
3)2017年度初頭からの開始にあたっては,専攻医を指導する指導医(暫定的に専門医も授与の予定),また日本産業衛生学会では現在の専門医から社会医学系専門医への移行が必要になってくる経過措置が諮られます。
4)上記3)について,社会医学系専門医協議会として関連学会(専門医制度は基本的には学会単位となるので参画団体の会員も学会を介することになります)を仲介してWEBでの仮登録を緊急に実施する予定です。➔ 日本衛生学会ではメールマガジンで仮登録WEBサイトを紹介する形式になると思います。社会医学系専門医の中でも日本衛生学会として確固たる活動を展開するためにも,積極的な登録をよろしくお願い致します。
5)指導医認定は上記ののちに8月頃には本認定になっていくと思います。
6)並行して,各施設での研修プログラムについて考え始めて下さい。10月初旬には登録を開始する予定になりそうです。

※※日本衛生学会としての社会医学系専門医への関与とともに,旭川のシンポジウムでも提案あるいは討議させていただきましたが,日本衛生学会としても各職種や資格もちろん研究職としての意欲と業績を照合していきながら,医師会員の社会医学系専門医に対応する非医師会員も含めた日本衛生学会としての専門職的な資格などについても今後検討していきたいと思っております。

 さらに,医科学の中で環境科学・予防医学を担う分野の代表として日本衛生学会の社会貢献としてもこういった調査を元にアウトリーチ活動に積極的に取り組まないとならないことは,現在の社会の中で国税等を利用して行っている研究活動の社会還元にもなっていきます。

 

 こういった状況の中で,今後,以下の事案についてご尽力をお願いすることになるかと存じます。ご協力のほど,お願い致します。

1)会員全体の研究領域・資格等の調査:4月に社会医学系専門医協議会からの要望で指導医候補者の概数把握が緊急に必要となりWEBでのアンケートを実施させていただきました。
[1]回答率:22%
[2]回答者医療系資格:医師48%,歯科医師1%,保健師2%,看護師2%,薬剤師6%,理学療法士1%,その他+資格なし40%
[3]回答者社会医学系資格:労働衛生コンサルタント35%,作業環境測定士5%,公害防止管理者6%,その他54%
2)現在の会員については,可能な限り全会員の皆様の専門領域と資格等の調査を考えておりますとともに,新規入会者にはこれらの項目についても記載いただけるように整備した上で,ご承認をいただきたく思っております。
3)調査の方法については,WEBあるいは書式を考慮しておりますが,経費の面などもあり,しばらく時間を頂戴することにします。
4)出来れば,種々の資格を有される会員からメンバーを募って,日本衛生学会内での専門職等を目指すワーキンググループの構築などを考えております。依頼させていただきます際には,何卒ご協力の程,よろしくお願い致します。

 

 これらの件,何かご意見,ご質問,コメント等ございましたら,担当:川崎医科大学 衛生学 大槻剛巳までご連絡ください。

メールアドレス takemi@med.kawasaki-m.ac.jp
川崎医科大学衛生学 電話086-462-1111(代表)内線27352
FAX:086-464-1125