日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 最優秀論文賞

最優秀論文賞

 

最優秀論文賞は2014年度をもって終了いたしました。2016年度より、The Most Downloaded Articleとして表彰いたします。


これまでの最優秀論文

「日本衛生学雑誌」および「Environmental Health and Preventive Medicine」に掲載された論文の中から最も優秀であると認められた原著論文を、その年の「最優秀論文賞」として表彰する。選考は、各年の1月から12月に発行された当雑誌に掲載された論文の中から、編集委員会が行い、理事会で承認を得る。賞を授与する論文は年間2報までとする。

2014(平成26)年度

著者 Yuki Ito *, Michihiro Kamijima , Chie Hasegawa ,Masahiro Tagawa , Toshio Kawai , Mio Miyake ,Yumi Hayashi , Hisao Naito , Tamie Nakajima
筆頭著者・所属 伊藤 由起、名古屋市立大学大学院
論文タイトル Species and inter-individual differences in metabolic capacity of di(2-ethylhexyl)phthalate (DEHP) between human and mouse livers
掲載誌 EHPM, Vol. 19(2), 117-125, 2014. PDF

2013(平成25)年度

著者 Xiaoyi Cui, Xi Lu, Mizue Hiura, Hisamitsu Omori, Wataru Miyazaki, Takahiko Katoh
筆頭著者・所属 崔 笑怡、自治医科大学
論文タイトル Association of genotypes of carcinogen-metabolizing enzymes and smoking status with bladder cancer in a Japanese population
掲載誌 EHPM, Vol. 18(2), 136-142, 2013. PDF

2012(平成24)年度

著者 Masayoshi Tsuji, Hideyuki Kanda, Takeyasu Kakamu, Daisuke Kobayashi, Masao Miyake, Takehito Hayakawa, Yayoi Mori, Toshiyasu Okochi, Akihiro Hazama, Tetsuhito Fukushima
筆頭著者・所属 辻 雅善、福島県立医科大学 医学部衛生学・予防医学講座
論文タイトル An assessment of radiation doses at an educational institution 57.8km away from the Fukushima Daiichi nuclear power plant 1 month after the nuclear accident
掲載誌 EHPM, Vol. 17(2), 124-130, 2012. PDF
著者 Hitomi Goto, Tomoyuki Watanabe, Masaru Miyao, Hiromi Fukuda, Yuzo Sato, Yoshiharu Oshida
筆頭著者・所属 後藤 ひとみ、愛知教育大学 養護教育講座
論文タイトル Cancer mortality among atomic bomb survivors exposed as children
掲載誌 EHPM, Vol. 17(3), 228-234, 2012. PDF

2011(平成23)年度

著者 Victoria Likhvar, Yasushi Honda and Masaji Ono
筆頭著者・所属 Victoria Likhvar、独立行政法人国立環境研究所
論文タイトル Relation between temperature and suicide mortality in Japan in the presence of other confounding factors using time-series analysis with a semiparametric approach
掲載誌 EHPM, Vol. 16(1), 36-43, 2011. PDF
著者 Kasuo Kanaya, Koji Okamoto, Shinichiro Shimbo, Masayuki Ikeda
筆頭著者・所属 (故)金谷 一夫
論文タイトル Correlation oflight transmittance with astham attack: fine water particles as a possible inducing factor of asthma
掲載誌 EHPM, Vol. 16(1), 44-51, 2011. PDF

2010(平成22)年度

著者 Kayo Ueda, Hiroshi Nitta and Hiroshi Odajima
筆頭著者・所属 上田 佳代、独立行政法人国立環境研究所
論文タイトル The effects of weather, air pollutants, and Asian dust on hospitalization for asthma in Fukuoka
掲載誌 EHPM, Vol. 15(6), 350-357, 2010. PDF

2009(平成21)年度

著者 Naomi Sekizuka, A. Sakai, K. Shimada, N. Tabuchi, Y. Kameda, H. Nakamura
筆頭著者・所属 関塚真美、金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻
論文タイトル Low serum secretory immunoglobulin A level and sense of coherence score at an early gestational stage as indicators for subsequent threatened premature birth
掲載誌 EHPM, Vol. 14(5), 276-283, 2009. PDF

2008(平成20)年度

著者 T. Kondo, K. Yamamoto, A. Kimata, J. Ueyama, Y. Hori, K. Takagi
筆頭著者・所属 近藤高明、名古屋大学医学部保健学科検査技術学専攻
論文タイトル Association of glycemic profiles with whole blood polyamine among middle-aged Japanese men: colorimetric assay using oat and barley seedling polyamine oxidase.
掲載誌 EHPM, Vol. 13(1), 43-51, 2008. Springer

2007(平成19)年度

著者 M. SHI, X. Wang, T. Yamanaka, F. Ogita, K. Nakatani, T. Takeuchi
筆頭著者・所属 Minyi SHI、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・環境医学分野
論文タイトル Effects of Anaerobic Exercise and Aerobic Exercise on Biomarkers of Oxidative Stress.
掲載誌 EHPM, Vol. 12 (5), 202-208, 2007. [J-STAGE] (Free)

2006(平成18)年度

著者 H. Kinoshita, J. Abe, K. Akadegawa, H. Yurino, T. Uchida, S. Ikeda, K. Matsushima, S. Ishikawa
筆頭著者・所属 木下洋和、東京大学大学院医学系研究科・分子予防医学分野
論文タイトル Breakdown of mucosal immunity in gut by 2,3,7,8-tetraclorodibenzo-p-dioxin (TCDD).
掲載誌 EHPM, Vol. 11 (5), 256-263, 2006. [J-STAGE] (Free)

2005(平成17)年度

著者 J. Yonemoto, T. Ichiki, T. Takei, C. Tohyama
筆頭著者・所属 米元 純三、国立環境研究所 環境ホルモン・ダイオキシンプロジェクト
論文タイトル Maternal Exposure to 2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-Dioxin and the Body Burden in Offspring of Long-Evans Rats.
掲載誌 EHPM, Vol. 10 No. 1 pp. 21-32, 2005. [J-STAGE] (Free)

2004(平成16)年度

著者 M. Suka, K. Yoshida, J. Takezawa
筆頭著者・所属 須賀 万智、聖マリアンナ医科大学予防医学教室
論文タイトル Impact of Intensive Care Unit-Acquired Infection on Hospital Mortality in Japan: A Multileft Cohort Study.
掲載誌 EHPM, 9(2), 53-57, 2004. [J-STAGE] (Free)

2003(平成15)年度

著者 J. Okuno, H. Yanagi, S. Tomura
筆頭著者・所属 奥野 純子・筑波大学大学院 社会医学系 福祉医療学
論文タイトル Cognitive Impairment and Nocturnal Blood Pressure Fall in Treated Elderly Hypertensives.
掲載誌 EHPM, 8(4), 124-132, 2003. [J-STAGE] (Free)
著者 松井利仁, 松野朝之, 安次嶺馨, 宮北隆志, 平松幸三, 山本剛夫
筆頭著者・所属 松井利仁・京都大学大学院工学研究科 環境衛生学講座
論文タイトル 低出生体重児および早産児の出生率と航空機騒音曝露の関連
掲載誌 日本衛生学雑誌, 58(3), 385-394, 2003.

2002(平成14)年度

著者 K. Harada, S. Ohmori, C. Wei, Y. Arimatu, A. Ueda
筆頭著者・所属 原田 幸一・熊本大学大学院 医学薬学研究部 環境保健医学分野
論文タイトル Quantification of α-methylene-γ-butyrolactone extracted from different parts of Alstroemeria wilhelminia and evaluation of it’s antigenicity using the guinea-pig maximization test.
掲載誌 EHPM, 6 (4), 229-234, 2002. [J-STAGE] (Free)
著者 J. Jiang, Z. Tang, M. Futatsuka
筆頭著者・所属 J. Jiang・熊本大学医学部 公衆衛生学、Dept. Epidemiology, Sch. Medicine, Chinese Academy of Medical Sciences
論文タイトル The impact of ADL disability on depression symptoms in a community of Beijing elderly, China.
掲載誌 EHPM, 7 (5), 199-204, 2002. [J-STAGE] (Free)

2001(平成13)年度

著者 Yuquan LU, T. Takeshita, K. Morimoto
筆頭著者・所属 Yuquan LU・大阪大学大学院医学系研究科 社会環境医学講座環境医学
論文タイトル Effects of(-)-Epigallocatechin Gallate(EGCG) on DNA Strand Breaks as Evaluated by Singlecell Gel Electrophoresis(SCG) in Human Lymphocytes.
掲載誌 EHPM, 5 (4), 150-154, 2001. [J-STAGE] (Free)
著者 N. Konno, M. Tsunoda, K. Nakano
筆頭著者・所属 紺野信弘・福島医科大学 公衆衛生学
論文タイトル The Effect of in Vitro and In Vivo Ethylenbis Dithiocarbamate Fugicides on NMDA Receptors in Rat Brain Membranes.
掲載誌 EHPM, 6 (1), 54-59, 2001. [J-STAGE] (Free)