日本衛生学会 The Japanese Society for Hygiene

事務局
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル
中西印刷株式会社
TEL : 075-415-3661
FAX : 075-415-3662
e-mail : jsh@nacos.com
【会費振込先(郵便振替)】
00990-5-84512
一般社団法人日本衛生学会
論文投稿関係
【EHPM】
(2021年9月以降投稿分)
Editorial Office
e-mail : ehpm-editorial-office@kopas.co.jp

(2021年8月まで投稿分)
Springer Nature
Global Open Research Support Team
(英語にてお問い合せください)
e-mail : ORSupport@springernature.com

【日本衛生学雑誌編集事務局】
e-mail : editorial_office@nacos.com
 
 
トップページ > 日本衛生学会 若手研究者の会 夏の集い2018

日本衛生学会 若手研究者の会 夏の集い2018

日本衛生学会 若手研究者 夏の集い2018のお知らせ

若手研究者の会では、日本衛生学会の若手による研究発表・交流企画「夏の集い2018」を開催します。
*衛生学会若手の会は日本衛生学会の公認組織です。

 

○目的
 学術総会だけでは交流する時間が十分ではないため、学術総会以外に、若手が集い、研究発表、意見・情報交換する場を作れないかと考え、昨年から、若手の会では、「夏の集い」を開催しています。今回は、1泊2日の合宿形式での研究発表会を企画しました。
衛生学の基礎から最先端の研究に至るまで多様な領域の若手研究者の研究成果を共有するとともに、同世代と顔を合わす絶好の機会です。

 

○開催概要
日時 2018年9月8日(土)14:00 〜 9月9日(日)15:00
場所 国民宿舎 桂浜荘(〒781-0262 高知県高知市浦戸城山830-25)
http://www.katsurahama.jp/

 

○プログラム

9月8日(土)
14:00~15:00 世話人会①

15:00~15:25 受付

15:25 開会挨拶  
 衛生学会若手の会 代表世話人  鈴木 武博
 座長 高知大学 栄徳 勝光
           
15:30~18:30 研究発表1(発表20分 質疑応答5分)
1.ヘリコバクターピロリの多様性の解析  高知大学 栄徳 勝光 
2.環境中の化学物質がヒトに与える影響  産業医科大学 辻 真弓
3.もやもや病の遺伝解析  中部大学 小林 果
4.台湾におけるPM2.5発生源寄与率のレセプターモデルによる解析  京都大学 陳衍達
5.残留性有機フッ素化合物の異性体分析法の開発と応用への展望  京都大学 原田 浩二
6.カンボジア、クラチェ州コツ・チュレイン島の学童の歯磨き・間食習慣について  高知大学 吉村 真弓
7.がん予防研究 ー基礎から応用に向けてー  京都府立医科大学 堀中 真野

19:00 懇親会、交流会

 

9月9日(日)
8:00~9:00 世話人会② 

9:00~11:30 研究発表2 (発表20分 質疑応答5分)
1.亜鉛欠乏における生体影響の報告  東京慈恵会医科大学 木戸 尊將
2.妊娠期ヒ素曝露による毒性影響メカニズム  国立環境研究所 鈴木 武博
3.私の研究 ーSAMの免疫老化研究と石綿曝露の免疫毒性影響ー  川崎医科大学 西村 泰光
4.クリソタイル及びその無害化品による中皮腫の評価  聖マリアンナ医科大学 人見 敏明
5.小児の食べる速さとALTとの関連 昭和大学 箕浦 明

12:00~15:00 昼食(BBQ)

15:00 閉会挨拶

○費用 
1人当り 宿泊代(国民宿舎 桂浜荘 和室:四人部屋 男女別 相部屋使用)・食事つき(食事:8日懇親会、9日朝食、昼BBQ)
16,000円(予定)
*以下の方は、申込期日(7月13日(金))まで下記事務局までご連絡ください。
①その他の宿泊施設を各自で手配される方。(この場合、下記に記載されているスタッフの送迎は参加人数に関わらずありませんので、会場までは各自でお願いします。)
②ご家族や複数人での申し込みをご希望される方。
③宿泊を基本としますが、日帰りを希望される方。
④部屋の1人使用を希望される方。(桂浜荘の部屋は、+2370円で1人使用も可能です。ただし、1人使用は先着順とさせていただきますので、ご希望に添えない場合もございます。ご容赦ください。)
*会費は当日に集金します。
*小雨の場合はBBQを決行しますが、大雨の場合は別の企画を予定しています。

 

○申込み期日
参加申し込み 2018年7月13日(金)(キャンセルは8月末まで可)
研究発表(口頭)を希望する方は、プログラムの作成上8月15日

 

●研究発表
 若手研究者自身の研究紹介だけでなく、研究者のバックグラウンドから発展までを含めたアピールの場にすることを目指します。必ずしも成果が整ったものである必要はなく、一連の研究をまとめた発表も含めます。
 従来であれば、異なるセッションで発表していた研究者が合同で発表し、積極的な質疑応答を行うことで、学際的交流も促進されます。セッションの座長も若手研究者で行います。異なる分野の研究者同士のディスカッションを通じて、研究の方向性に新たな視点を加えてみませんか。
 衛生学に関わる研究であれば、専門分野を問いません。疫学、実験、地域保健、国際保健など多岐にわたる分野からの発表をお待ちしております。

○発表時間 10~20分程度(申込数に応じておおよそ配分いたします。)+質疑5~10分程度
○発表形式 PowerPointスライドを用いた口頭発表

 

●交流会
 参加者が研究に限らず、アイデア、思いを交える場にしたいと思います。年齢、研究の実績を問わず、学生から若手研究者まで広く参加していただきたいと思います。簡単な自己紹介(1スライド)を用意して頂く予定です。

 

●世話人会会合
 若手研究者の会の世話人会合です。
 世話人による企画打ち合わせ、活動方針を話し合います。
 世話人以外にも若手の会の活動に興味のある方は参加ください。

 

【問い合わせ先】
若手研究者の会事務局
jsh-yra@nacos.com
夏の集い事務局
栄徳 meitoku@kochi-u.ac.jp

【Google フォーム 記録】
2018年9月8日-9日(国民宿舎 桂浜荘/高知市)